三木工房

雑記ブログ

ニンテンドースイッチに必要な周辺機器とアクセサリー

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの購入を検討する際に本体と遊びたいソフトはすぐに決まると思いますが、それ以外に必要な周辺機器やアクセサリーについては何を買えばいいのか悩んでしまうと思います。

 

実際に遊ぼうとした時にやっぱり買っておけばよかったということにならないようにゲーム機本体以外に個人的に買っておいた方がいいと思ったものを紹介するので参考にしてみてください。

 

目次

 

ニンテンドースイッチ

2017年3月3日(金)に発売してからすでに1年以上が経ち、ようやく欲しいソフトの発売予定が決まったので、それまで気軽に遊べる「スプラトゥーン2」と一緒にニンテンドースイッチを買うことにしました。

 

私が買う予定のソフトはまだ詳細な情報すら出ていない2019年後半に発売予定の完全新作のポケモンです。

 

まだ1年以上先なのに気が早過ぎるかもしれませんが、今年発売予定の「Let's Go! ピカチュウ」「Let's Go! イーブイ」や「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」も気になり、いずれも発売時期がクリスマスに近いので去年のようにまたスイッチが品薄になってしまう前に買う決断をしました。

 

  

 

www.mikikobo-art.com

 

これから同梱版などの発表があるかもしれませんが、今年の間に購入予定で同梱版に興味がない場合は早めに買っておくといいかもしれません。

 

 

 

液晶保護フィルム

ニンテンドースイッチは「TVモード・テーブルモード・携帯モード」を切り替えて遊ぶ性質上、ニンテンドースイッチドックへの抜き差しによる擦れや携帯モードでのタッチパネル操作、外への持ち運びなどにより液晶画面に傷がつく可能性が高いです。

 

その為、液晶保護フィルムだけはゲーム機本体と一緒に買っておくことをお勧めします。

 

その液晶保護フィルムですが、種類が多く価格の幅が広すぎてどれを買おうか悩みましたが、最終的に3DSでも使っていたメーカーの商品にしました。

 

埃が混入しないようにしっかりと対策をして貼ったので埃も気泡もなく、きれいな状態で貼ることができました。

 

ゲーム画面もきれいに見えるので個人的には満足です。

 

microSDカード

ニンテンドースイッチのゲーム機本体の容量は32GBと記載されていますが、そこからシステムデータ分を差し引くと実際に使用できるのは25.9GBです。

 

パッケージ版ではなく、DL版ソフトを複数購入予定の場合はmicroSDカードを用意しないとすぐに容量が不足します。

 

参考程度に「スプラトゥーン2」はDL版だと5GB必要ですが「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は13.4GB必要です。

 

さらにアップデートによる追加コンテンツの関係で遊んでいるゲームの種類が多いほどパッケージ版でもすぐに容量が不足してしまいます。

 

現にスプラトゥーン2のアップデートと追加コンテンツのデータだけで4.1GB消費しました。

 

それ以外にもスクリーンショット(1枚約230KB)の撮影や一部のソフト限定で30秒前からの動画を撮影できる機能があるので、気付いたら容量が不足していたなんてこともありそうです。

 

私はパッケージ版しか買いませんが128GB(空き領域119GB)のmicroSDカードを購入して問題なく認識されました。

 

Joy-Con充電グリップ

TVモードで遊ぶ際に同梱されているJoy-Conグリップを使ってみて驚いたのは充電ケーブルを差し込む場所が無いことでした。

 

もしTVモードで遊びたい時にJoy-Conの充電が切れてしまった場合は充電が終わるまで遊べなくなってしまいます。

 

家族で交代しながら遊んだり、個人で長時間遊ぶ場合は充電ケーブルを差し込める公式のJoy-Con充電グリップを買っておくといいと思います。

 

余裕があればもう一つJoy-Conを買うのもいいかもしれません。

 

 

有線LANアダプタ

ニンテンドースイッチは無線LANでインターネット接続ができますが、オンライン要素のあるゲームを安定して遊ぶならやっぱり有線ですね。

 

私は公式の「Wii専用 LANアダプタ」を持っていたので、それをそのまま使っていますが問題なくスイッチでも使えています。

 

ただし、有線で遊べるのはTVモードの時だけなので携帯モードでオンライン要素を遊ぶには無線LANが必要になります。

 

ケース・カバー・バッグ類

現状は主に据え置き機として使っているので携帯モードでのみ使えるスイッチのケースやカバーの必要性を個人的には感じられません。

 

ただ出先でニンテンドースイッチを遊ぶ時に全てを収納して運べるバッグはあると便利かもしれません。

 

熱対策

TVモードで遊んでいて思ったのですがゲーム機本体がとても熱くなります。

 

ニンテンドースイッチドックを使うと吸気口が塞がってしまうので熱くなるのは構造に問題がありそうです。

 

これからの暑い時期にエアコンなどがない部屋で長時間遊んでいたら壊れてしまいそうなので対策をしておいた方がいいかもしれません。

 

熱対策としてはニンテンドースイッチドックから外した状態でTVモードを遊べるケーブルを利用するのが良さそうでした。

 

オンラインサービス利用料

今後必要な費用として書いておきます。

 

現在はオンラインサービスが無料ですが2018年9月からはオンラインサービスが有料化になります。

 

オンラインで遊ぶ前提のゲームの場合は注意をしないといけません。

 

プラン一覧  個人プラン ファミリープラン
アカウント数 1 8
1か月 300円 -
3か月 800円 -
12か月 2,400円 4,500円

 

一年中オンラインで遊ぶ場合はアカウント数2個以上でファミリープランがお得になります。

 

スポンサーリンク

 

 

スプラトゥーン2

発売したのは2017年7月21日(金)なのでもうすぐで一周年になりますね。

 

かなり出遅れていますがマイペースで遊んでいくのでイカよろしく~。

 

 

オクト・エキスパンション

2018年6月14日(木)から配信されたスプラトゥーン2の有料追加コンテンツ「オクト・エキスパンション」も買いました。

 

ゲームを起動するまでは遊ぶのに前提条件があるのかどうか気になっていましたが、特になかったのでランク1のままいきなり挑戦してみました。

 

f:id:Mikiatsu:20180630191255j:plain

追加コンテンツを遊ぶための入り口はハイカラスクエアの北東に歩いていくかメニュー画面から深海メトロを選択していくことができます。

 

アップデート前のマップを見たことがないので最初はこの場所がどうなっていたのか少し気になります。

 

とりあえず全ステージをやり込むのではなくクリアに必要な4つの「アレ」を集めることを優先して遊んでみました。

 

新しい路線を発見するたびに「アレ」があるのかどうかをナマコ車掌が知らせてくれるのでやらなくてもいいステージを事前に見分けられるのがよかったです。

 

難易度の関係かクリアしていなくても強制的にクリアしたことにできる救済措置がありましたが、クリア後にもらえる「ネリメモリー」が獲得できないようなので通過する全てのステージを操作の練習を兼ねてクリアしました。

 

 f:id:Mikiatsu:20180630191300j:plain

無事にクリアするとプレイヤーキャラがイカからタコに変わり、以後好きな方を選んで遊ぶことができます。

 

参考程度に私はクリアするのに4時間半かかりました。

 

スイッチを触って間もない状態でスプラトゥーン2の知識がほぼなくてもクリアできたので、腕に自信がある方ならもっと早くクリアできるでしょう。

 

 

残りのステージも全て終わらせましたが、オクトなだけあって一通りクリアするのに8時間もあれば十分なようです。

  

スポンサーリンク